MENU

加齢によるひざの痛み

加齢によるひざ痛

ひざの痛みは50代以降の女性に多く、階段の昇降や正座など日常生活にも支障をきたす事があります。

 

このひざの痛みの原因のひとつにに挙げられているのが、加齢によるひざ関節の老化です。

 

人間が立ったり歩いたり座ったりできるのは、筋肉や骨、関節などで体を支えバランスを取っているからです。

 

しかし、体重を支えるひざ関節や筋肉は老化により衰えてきます。

 

特に女性は男性よりも筋肉量は少なく、太りやすいので膝にかかる負担は増加します。

 

そして日本人の多くがO脚と言われていますから、関節の内側に負荷がかかり、内側の関節軟骨がすり減ります。

老化による軟骨のすり減り

軟骨がすり減る事で骨と骨がぶつかり、ひざが痛みます。

 

この、軟骨がすり減る事で起こるひざの痛みなどの症状を変形性膝関節症と言い、ひざの痛みを抱える人の多くがこの病気です。

 

そしてこの病気の原因には老化が関わっている事が多いのです。

 

過度な運動をしていなくても、日常生活を日々過ごしているだけでも加齢により体が老化する事で発症するのです。

 

また、加齢によりひざの関節周辺の筋肉や太ももの筋肉が衰える事により、関節を支える靭帯が弱りひざの痛みに繋がる事もあります。

 

靭帯は骨と骨を繋ぎ、ひざ関節が前後または左右にずれるのを防ぎます。加齢により、靭帯が弱まる事でひざ関節がずれ、痛みを生じるのです。

 

ひざ関節には、半月板という関節軟骨と同様にクッションとして働く部位があります。

 

加齢によりひざ関節が老化すると、その半月板が硬くなったり、壊れたりしてひざ痛を引き起こします。

関連ページ

ひざが痛くなる原因
ひざが痛くなる原因について説明しています。
スポーツによるひざの痛み
スポーツによるひざの痛みについて説明しています。
ひざ痛の一般的な治療法
ひざ痛の一般的な治療法について説明しています。
ひざ痛に効くストレッチや体操
ひざ痛に効くストレッチや体操について説明しています。
ひざ痛に効く薬やサプリメント
ひざ痛に効く薬やサプリメントについて説明しています。
コンドロイチンとひざの痛み
コンドロイチンとひざの痛みについて説明しています。
グルコサミンとひざの痛み
グルコサミンとひざの痛みについて説明しています。
サメ軟骨とひざの痛み
サメ軟骨とひざの痛みについて説明しています。