MENU

ひざ痛の基礎知識記事一覧

人間のひざの関節は、次の3種の骨で形成されています。@太もも部分の大腿骨Aすね部分の脛骨B俗に「お皿」と言われる膝蓋骨これらの骨と骨をつなぐのが靭帯で、さらに骨と骨がぶつからないように関節軟骨や半月板がクッションの役割をし、衝撃を抑えています。ひざの関節全体は関節包という袋に覆われており、その関節包の内側には滑膜という薄い膜があります。この滑膜からヒアルロン酸などの関節液が分泌され、関節を衝撃から...

ひざの痛みは50代以降の女性に多く、階段の昇降や正座など日常生活にも支障をきたす事があります。このひざの痛みの原因のひとつにに挙げられているのが、加齢によるひざ関節の老化です。人間が立ったり歩いたり座ったりできるのは、筋肉や骨、関節などで体を支えバランスを取っているからです。しかし、体重を支えるひざ関節や筋肉は老化により衰えてきます。特に女性は男性よりも筋肉量は少なく、太りやすいので膝にかかる負担...

ひざの痛みは加齢によるものだけではなく、ランニングやジャンプなどの運動を長期間、そして長時間行う事で生じる事もあります。過度な運動を長期間続けていると、ひざ痛の症状はどんどん進んで行き、時に重症化してしまう事もあるので注意しましょう。筋力が不足していたり、バランスが悪かったり、また、体の柔軟性が不足していると、ひざの痛みが起こりやすく、また、履いている靴が合わない事もひざ痛に繋がる場合もあります。...

中年以降のひざの痛みに多いのは変形性膝関節症です。正常なひざ関節の骨は先端が軟骨に覆われており、その間に半月板があります。この軟骨と半月板が、ひざ関節にかかる衝撃を吸収するクッションの役割を果たしているのです。しかし、過度のスポーツや老化などが原因で軟骨がすり減り、変形してしまう事で、炎症を起こし痛みを生じます。ひざの痛みは最初は動かすときに痛む程度ですが、少しずつ進行していき、動かなくても激しく...

ひざの痛みを軽減するためには運動療法が有効です。ストレッチや体操で、ひざをしっかりと動かすための筋肉を鍛える事で、ひざの痛みを抑える事ができます。ひざの痛みに効くストレッチ、体操を始める前にはまず、自分のひざの状態をチェックしましょう。チェックの仕方は簡単で、正座をするだけです。正座をしてみたらひざが完全に曲がらなかった、という事もありるのでしっかりチェックしてみましょう。違和感なく正座をする事が...

ひざの痛みには運動療法が有効ですが、もちろん効果的な薬やサプリメントもあります。病院で処方される薬はひざの痛みを取る消炎鎮痛薬です。痛みが弱い場合は湿布などを使いますが、痛みが強い場合は内服薬や座薬なども使用します。また、ひざ関節にヒアルロン酸注射をする場合もあります。これは、もともとひざ関節は関節液に満たされており、この関節液が軟骨を保護したり、ひざの動きを滑らかにする働きがあるためで、何らかの...

コンドロイチンは軟骨の成分のひとつで、関節を滑らかに動かす手助けをしたり、関節の衝撃を抑えるクッションの役割を担っている重要な成分です。しかし、老化が進むにつれ体内で生産される量が少なくなり、不足してきます。コンドロイチンは動物性の食品に少量ですが含まれています。しかし、ごく少量しか含まれていませんから、加齢により少なくなるコンドロイチンを食事で補う事は非常に困難です。このため、医薬品やサプリメン...

グルコサミンは皮膚や軟骨や爪などに含まれており、体内で生産されていますが、加齢と共にその量は減少していきます。そのため、少なくなったグルコサミンを補うためにサプリメントが多く販売されています。サプリメントで使用されているグルコサミンの多くが、カニやエビなどの甲殻類の殻から抽出した成分です。しかし、甲殻類アレルギーの人は摂取できないため、最近では植物由来のグルコサミンもあるようです。このグルコサミン...

グルコサミンは皮膚や軟骨や爪などに含まれており、体内で生産されていますが、加齢と共にその量は減少していきます。そのため、少なくなったグルコサミンを補うためにサプリメントが多く販売されています。サプリメントで使用されているグルコサミンの多くが、カニやエビなどの甲殻類の殻から抽出した成分です。しかし、甲殻類アレルギーの人は摂取できないため、最近では植物由来のグルコサミンもあるようです。このグルコサミン...